食物酵素の酵素美肌食

食事が体を消耗させる

この意味は、おいしいから食べる、おなかが空いたら食べるという人には、それぞれ食べる理由があります。食事の目的は体が本当に必要とするエネルギーを食べ物から得ることです。

 

ところが細胞を生み出すために食べる食事が体を疲れさせるということを知っていますでしょうか?
酵素はビタミンやミネラルなどの補酵素を使って食べ物を消化して新しい細胞を生み出していきます。

 

正しい食事の方法を知らないだけで食事が体を疲れさせるそして免疫力も低下させてしまうのです。

 

その結果、病気に対する抵抗力が落ち病気にかかりやすくなったり、治りにくくなったりします。
食事の方法を改善するだけで酵素の力が発揮され酵素の無駄遣いも減らすことができ抵抗力を高めることができるのです。

 

それが本当の酵素の魅力なのです!

 

酵素の力を発揮させるためには温度がチェックポイントです

酵素は高温で活発に活動するようになります。
しかし一定の温度を超えることでその酵素の力が弱まり、働かなくなってしまいます。
これは酵素が破壊されるからです。
実際に、酵素が破壊されるギリギリの温度が48度と言われています。
食べ物に含まれる酵素の働きで食べ物が消化されやすくなったり、体内に入ってからの消化もスムーズになったり体内酵素を無駄遣いせず体の負担を減らすことができます。

 

昔の食事は酵素を多く含んでいた

実はずいぶん昔の日本は食事は二回と決まっていました。
それも朝と夕方です。
朝食と夕食になります。
今の現代人がとる食事は夜食、夜食べる食事になります。

 

さらに最近の食事は和食が少なくなり、洋食やコンビニそういった体によくない食事が大変多くなっています。

 

これが現代人が酵素不足に陥る原因なのです。

 

野菜や果物食べるメリット

 

野菜や果物に必要な栄養素がすべてあり、それを使って体にとって必要な細胞生成ができると言われています。
血液を汚さないことが大切だと考える素晴らしい考え方でもあるです。

 

野菜や果物いろいろ組み合わせて気をなくし、肉も魚も食べないのではなく食べ方や調理法の工夫をすることで、体の負担を減らすことをお勧めします。

 

肉や魚を摂取することがエネルギーの補給、スタミナアップと考えがちですが、熱調理をした肉や魚は酵素を含まず、消費のために体内酵素を膨大に浪費します。
そういう時には酵素ジュースで体内酵素を補う事も良いのかもしれませんね。